被災に備えての準備

毎年、日本のどこかで災害が起きているからこそ

災害と住まい

災害は他人事ではない!

災害は他人事ではない!

皆さんは災害と住まいについて考えたことはありますか?このサイトでは、私の住まい探しや災害ボランティアの経験を通して考えた、災害被害に遭わないための住まいの選び方や、災害に遭ってしまった時の生活についてまとめました。皆さんのお役に立てれば幸いです。

被災に備えての準備

被災に備えての準備

食料の確保

災害にあってしまったとき、物資の不足や避難所での生活が続くこともあります。災害自体の被害からは助かったとしても、その後の避難生活の中での精神的・身体的要因による「災害関連死」が発生するケースも多いです。災害に備え、心身の健康を守って生活していけるように、物資を確保しておくことは非常に重要と言えます。
まず、大切なのは水と食料。最低3日分は備蓄しておくべきですが、望ましいのは1週間分程度とされています。簡単に準備できない量のようにも思えますが、必要な量を無理なく備蓄する方法として、「ローリングストック」という方法が専門家によって推奨されています。「ローリングストック」とは、普段から日持ちのする食料や日用品を買い置きしておき、賞味期限が近づいたものから使って、その分を買い足していく方法のこと。飲料水は1人1日3リットルが目安とされているので、家族の人数分を3日分~1週間分備蓄しておく必要があります。また、食料についても、カップ麺やパックご飯、缶詰、ビスケット、乾パンなどを買い置きしておくのが望ましいです。近年では、水やお湯を注ぐだけで食べられる「アルファ米」や、火や電気を使わず温められる「レスキューフーズ」などが開発されており、被災当初はライフラインに制限がある場合もあるので、これらを買い置きしておくことも有効です。アレルギーや慢性疾患のある人、乳幼児やお年寄りがいる場合は、必要な食料の調達がかなり難しくなるため、災害後の供給状況を考えて2週間分の備蓄が望ましいとされています。
避難時に備え、これらのものを非常用持ち出し袋やリュックサックにまとめておくと、いざというときに役立ちます。すべてを一度にそろえるのは難しいですが、災害はいつ発生するか分かりません。被災後に困らないよう日常から意識した生活を送ることが大切です。